木花

コノハナ

十二月の木花

朝晩冷えるようになりました。

畑の落花生やサツマイモは掘り上げて

空いたところに蒔いたソラマメやえんどう、

麦の芽も出てきて ほっと一息。

大根の葉っぱがぐんぐん大きくなってきて

見ているだけで、幸せです。

 

里芋は、掘りたてが柔らかくておいしいので

食べる毎に掘って、春までに頂きます。

小さな小芋は、皮ごと蒸したものを容器に入れて

醤油と小麦をまぶして暫くおいて

揚げて食べると、簡単で、とってもおいしい。

里芋のお汁を頂くと、冬だなぁと思います。

 

十月に掘り上げたこんにゃく芋

そろそろ、こんにゃく作り、できるでしょうか。

今年こそ、わら灰で上手にできますように。

 

今月のむらのわ市場では、時芽輝農場の池添さんの

ほたての貝殻パウダーを使ったこんにゃく作りや、

ちどりの里のワラ細工のしめ縄・丸座蒲団作りが

体験できます。恒例のお餅の振る舞いもあって

皆で楽しみにしています。

 

 

 

【十二月の木花】

 

九日(日) 十~十四時

美杉むらのわ市場 @美杉リゾート 火の谷ビール工場前広場

手縫いもの・下駄 

 

この後は冬休み。

ぜひ、お越しください。