木花

コノハナ

「獣の奏者」

この夏、上橋菜穂子さんの本を

だーっと、読みました。

 

精霊の守り人」から始まる守り人シリーズ

この世界に重なるもう一つ別の世界

その世界の変化が、この世界にも変化をもたらすという

そういう世界の有様が、物語の背景にある。

そういうことは実際あるかもしれない、と思いながら

読んでいると、架空の世界の、架空の話であるのに

自分もいつか知っていたはずの世界であるかのように

感じられるのが不思議でした。

 

ファンタジーはあまり読んでこなかったのですが

こんな風に自分の世界と重ね合わせられるとなると

俄然おもしろくなってしまいました。

 

本は、自分自身のなかにあるスクリーンに

情景を思い浮かべる余地があります。

読み手が思い浮かべた情景は、書き手が描いた世界とは

少し違うかもしれない。

だから、本のなかの物語は

読み手が完成させる、唯一無二の話である

と言えると思う。

そこが好きです。

だから、どこかに、いまの自分と重なる部分が無いと

読み進められない、という気もします。

 

 

獣の奏者(Ⅰ~Ⅳ・外伝)」

闘蛇編と王獣編を、夢中になって、読みました。

この本に、一番、惹かれた。

 

「狐笛のかなた」も、とてもよかった。

装丁もタイトル文字も素的です。

 

すごいですね。

ひとりの人の頭の中から、これだけのテーマ

物語が生まれてくるというのは。

 

そうしてここから

上橋さんが好きだと言う、サトクリフの作品へ

読み進めたのです。