読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木花

手しごと コノハナ

春風

風が吹いて桜の花が散ると

もみじの若葉が生えてきて 

山も畑も緑がきれいです。

 

よもぎ、すぎな、かきどおし

のかんぞう、からすのえんどう

ふき、のびる、にら、みつば

 

アスパラガスがにょきっと出てきて

いちご、カモミール、えんどうの花が咲きました。

 

苦い葉っぱは天ぷらで

八重桜の花は塩漬けに

 

チューリップ、キンセンカ

春の花が風に揺れ

 

カエル、カニ、ハチ

小さな生き物たちが動き出しました。

 

この世界は淡々として美しく、豊かです。

 

でも今、雨と一緒に、風に吹かれて

なにかがきっと 大地に降りそそいでいる。

 

わたしたち人間がまき散らしているものは

あらゆる命に等しく降りそそぎ

食物連鎖を通して自ら摂取することになる。

その連鎖から、人間だけ逃れることはできない。

できないだろうと思う。

 

わたしはわらびを食べる。

大地に降りそそぎ、わらびが取り込んだなにかも

一緒に食べる。

目の前のことと、どこか遠くのことは

そんな風につながっている。

 

世界があんまり美しいので

いのちに申し訳がなくて、かなしくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする