木花

手しごと コノハナ

「バガヴァッドギータ―」

京都のヨガスタジオ FIVE ELEMENTS

ヨーガの先生、金菱さんの

バガヴァットギーターお話会『はじめに~概説編~』

に参加させていただきました。

http://www.kenbisalon.jp/topics/yoga/901/

 

バガヴァットギーターというのは

広辞苑くらいの厚さの本が全十八巻連なる

世界最長の叙事詩マハーバーラタ」の一部、

バガヴァット(神様、或いは世尊、偉い人)の詩

だそうです。ここに、スートラ(経典)とは

また違った形で哲学が包含されている(らしい)。

 

会では、ギータ―に至るまでのあらましと

次の言葉が紹介されました。

 

「あなたの職務は行為そのものにある。

決してその結果にはない。

行為の結果を動機としてはいけない。

また無為に執着してはならぬ。

アルジュナよ、執着を捨て、

成功と不成功を平等(同一)のものと見て、

ヨーガに立脚して諸々の行為をせよ。

ヨーガは平等の境地であると言われる。」

※上村勝彦訳「バガヴァットギーター」(二.四七~四八)

 

この一節の解説から、参加者の質問が生まれ

それに応えるひとがあり、その話の中身は

自分がいま正に抱えていた課題と同じものであり、

次の一歩へとつながるきっかけを得た気がしました。

こういう会話こそ大切にしたい、と

金菱さんも言っていました。

 

お話し会は四月から一年間を通して続く予定です。

また機会を得て、一度でも参加できればよいなと思います。

 

因みにyoga

ヨーガというのは、インドから直の流れを汲み

ヨガというときは、西洋を通過した流れを汲むと

イメージすればよいようです。

発音の違いが伝承ルートの違いを示しているのですね。

 

そうして、先の一節を聴いていて、やっぱりわたしは

「ヨーガってなぁに?」と思うのです。

その辺りを、春のヨーガ合宿で伺えたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする