木花

コノハナ

美杉むらのわ市場

今月は、焚き火をしまーす。

誰かが火があるといいよね、って思う。

私もそうだね、って思う。

それで薪を用意してもらえるか、人に訊く。

それで焚き火が現れる。

薪を用意してくれる人、当日火をつけてくれる人

必要なときに、必要なことのできる人がいて

皆で焚き火を共有できる。

火にあたっている皆の姿をみて

うれしいなと思う。

そんな風に、美杉むらのわ市場はできてます。

 

今月は、お結び弁当と、下駄

正巳さんと作った飾り無しの注連縄を販売します。

共同出店で、ちどりの里の干し柿もあります。

年末っぽい お店になりそうです。

 

松阪から参加してくれる やまねこ亭さんが

温かいおでんを出してくれるので

お味噌汁は無しでもいいかな、と思っています。

 

市場の後の座談会では、東京でお世話になっていた

チェルノブイリ子ども基金の事務局長・佐々木真理さんに

チェルノブイリ原発事故について、お話しをして頂きます。

佐々木さんが現地に通われて見続けている世界を

私たちも知っていたいと思います。

 

カメユキちゃんのライブや、皆と話すひと時が

とてもとても、楽しみです。

一緒に過ごしていただけたら、嬉しいです。