木花

手しごと コノハナ

拭きそうじ

 

部屋の障子に積もった長年の埃を払うべく

はたきとチリぼうき、濡らした布巾を手にして

天井から畳まで、はたいたり拭いたりして掃除をしました。

拭くっていうのはまた、格別の作業ですね。

勢い余って外のガラス戸の桟とガラスを拭いていたら

なんだか泣けてきてしまった。

この家は自分のからだなんだな、と思えたのです。

家を隅々まできれいにするということは

自分を隅々まできれいにすることなんだと思ったのです。

見えるところだけ整えて掃いて終わりの掃除では

見えないものが、拭き掃除で見えてきて

夢中で拭くうち、ごちゃごちゃしていた頭もすっきりして

びっくりしてしまいました。

 

拭き掃除の終わった部屋は、いつもと同じようで全く違い、

凛とした氣配が漂いました。

おうちも自分も大変心地よく

 

一度に全部するのは大変だから

毎日少しずつ、きれいにしていけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする