木花

コノハナ

日々

ヤギと整体

お盆から、ヤギの龍之介の尿が出辛くなって 座り込むようになってしまい 獣医さんに診てもらったら 恐らく腎臓か膀胱に結石ができているのだろうと。 このまま、ぽたぽたとも出なくなったら 尿毒症などになって、死んでしまうと言われ、 (牛用の)結石を溶…

晴れの日

例年にない暑さに 生きものみんな、参っています。 畑の、まだ小さい苗たちに じょうろで水をあげるのも時間がかかって かかる割にあまりあげられていなくて 追いつかないなぁと思っていたら 用水からサイフォンで水を取ったらいいよ 大変だろうと、近所の方…

雨の日

先日蒔いた大豆の芽が ぴょこ ぴょこ と土を割って顔を出してくるのがうれしくて 元気に育ってくれるように かんかんの晴れの日には水を少しあげました。 雨の日は、空にお任せ。 雨の合間にひゅんと伸びてくる草を刈って まだ小さな苗たち草に覆われないよ…

草木に覆われる

緑が日々勢いを増す様をみていると 皆で刈り続けなければ 我が家なんかは直ぐに 草木に覆われてしまいそうだなぁと思う。 田舎が田舎として存在していくには やっぱり人の手が必要なんだなと。 人間が手を離したら 自然はあっという間に回復していくかもしれ…

蕗の薹

冬に入ると、あちこちから里芋が届く。 下ノ畑にも里芋が沢山あるのだけれど 食べ終わってから、と思っていると いつの間にか春になっていたりする。 芽が出る準備をしているところを 掘り上げるのは、なんだか申し訳ないから 寒さの残るうちにと、慌てて掘…

足湯

冬も終わりになる頃 寒さに耐えかねたかかとが、ひび割れてくる。 あぁ、寒かったんだな、と思う。 この冬は寒くて いつもより早く、かかとがガサガサしてきた。 どうしたものかと思っていたときに 足湯をすればいいって分かっているのだけど、と 会話に出て…

アーモンドパイとシュトーレン

今年のクリスマスケーキは おやつやトクちゃんの大きなアーモンドパイ。 バターとアーモンドの風味が豊かで 家族が大好きなケーキです。 もうひとつ、ヴィーガンシュトーレンは わら細工仲間のみんな 一緒に頼んで焼き上げもらいました。 自家製ドライフルー…

ガパオ

大阪でタイ料理のケータリングをしている ISARAのみきちゃんへ 台風の前に畑のガパオを送りました。 ガパオは、あれです、ホーリーバジル。 タイでは生の葉っぱを炒め物に使うんですね。 一緒に、ガランガ(タイの大ショウガ)と レモングラス、十六ささげ …

土用

六月くらいまで、集中する力が働いていて それから弾けて、まとまらなくなり いま 少しずつ、自分本来の力加減に戻ってきているような そんな感覚です。 そんな心の動きをよそに 田んぼの稲はぐんぐん生長し いつのまにか穂に米粒がついています。 畑も草刈…

春風

風が吹いて桜の花が散ると もみじの若葉が生えてきて 山も畑も緑がきれいです。 よもぎ、すぎな、かきどおし のかんぞう、からすのえんどう ふき、のびる、にら、みつば アスパラガスがにょきっと出てきて いちご、カモミール、えんどうの花が咲きました。 …

冬仕事 その弐

この辺りはこんにゃくの産地なので 畑でこんにゃく芋を育てています。 毎年十月に掘りあげて、五月に埋め戻して 少しずつ大きくなった三年生の芋と 植物の灰汁を使って、こんにゃくを作ります。 わら灰で作ると、ほんのりピンクがかって ぷるんと柔らかく、…

冬仕事 その壱

畑の大豆が五百グラム。 百姓池田家・さぶろーさんの玄米に 峯田さんとこで白い糀をつけてもらって 五百グラムの糀と二百五十グラムの海塩を用意。 豆をストーブで炊いて 糀と塩と合わせて いつも使っているかめに入れたら 下の方に少しだけだったので あ、…

大掃除

満月の日から、大掃除を始めました。 先ずは、玄関。 長い間片づけをさぼっていたので、二日かかる。 要らないものを整理して、配置も少し変えて。 掃除をすると、心も軽くなりますね。 ガラスを吹いたら、次は屋根裏か、台所、どちらにしようか どちらも大…

拭きそうじ

部屋の障子に積もった長年の埃を払うべく はたきとチリぼうき、濡らした布巾を手にして 天井から畳まで、はたいたり拭いたりして掃除をしました。 拭くっていうのはまた、格別の作業ですね。 勢い余って外のガラス戸の桟とガラスを拭いていたら なんだか泣け…