木花

コノハナ

注連縄作り@美杉むらのわ市場

稲刈りが終わって、一息。 雨や台風、鹿やネズミにめげず きれいに乾きますように。 脱穀して稲藁の用意ができたら 師走に向けて、注連縄を作ります。 師匠は、一足先に青田刈りして陰干しした 今年の新しい藁を用意してくれています。 皆さんも、ご自分の注…

十月

昨夏、刈り取っただけの羊毛を 五回くらい洗うと使えるからと、もらっていて 今年こそ寒くなる前にやっておこうと ようやく洗い始めました。 これ、大変。 でも、楽しい。 洗って、ふわふわにして、染色して 糸を紡いで、何かひとつ、仕立てていく 五年くら…

きうり、ワイルドチェリートマト、トマト、 バジル、オレガノ、レモングラス、ガパオ、 南瓜、ピーマン、韓国唐辛子、茄子、 周囲の畑から、ひと月もふた月も遅れて 毎日少しずつ、夏野菜が採れる。 今年は小さな林檎が一つ生った。 食べた。甘酸っぱくて、…

九月

お盆に来た台風の後、暑さが和らぎ 朝晩ひんやりとした風が流れるようになり 人も、犬も、ほっと一息。 田んぼは、黄金色になって、もう直ぐ稲刈り 畑は、秋の種蒔きです。 次の台風が来る前に、揺れている柵を直して 草刈りと片付けもして ほつれた服を手直…

二〇一九年八月の木花

古い我が家には、クーラーがありません。 団扇と扇風機で夏を乗りきるには 昼間は寝るしかない。 外は暑いし、家の中も暑い。 夜に涼しさを家の中に溜め、午前中は戸を締切り 陽が陰り出す午後三時、ようやく窓を開け放って 少しだけ冷めた風を通すまでの時…

「宇宙時計」

図形が語る宇宙想像の物語 絵・文 辻 麻里子 何年か前に辻麻里子さんの 「22を超えてゆけ」という本を読みました。 ナチュラルスピリットから発刊されているその本の そこに書いてある世界感というのは 当時の自分にはよくわからなかった。 でも、なぜか、…

新作花緒

毎年、春頃にわたわたと準備して 夏の入りに出来上がってくる花緒。 欲しいと言ってくれる人がいる間は続けようかなと 力を抜いてやって来て、五年ほどが経ちました。 先日、初めて杉の下駄を購入してくださった方が 足を入れるとき、スルッと入って 今まで…

二〇一九年七月の木花

緑というのは、思いの外、暑いんですね。 木陰に入ってしまえば涼しい風の通る道でも 傍に立っていると緑の照り返しと湿気に、むんっとする。 草いきれという言葉はこういうことかと 今更ながら、思い至った六月でした。 もっともっと、自分の居る場所を片付…

リネンで布ぞうり作り

良質なリネンをご自身で仕入れて洋服を縫製される 津市美里町のcradleさん。 そこで出るリネン地の端切れを使って 布草履を作るワークショップを開きます。 リネンで布ぞうり作り 六月十八日(火)又は、六月二十二日(土)十時~十五時頃 参加費 三〇〇〇円…

二〇一九年六月の木花

山の木々が鮮やかに光り輝いて圧倒され 田植え、苗の植え付け、草刈り、全部が一度に押し寄せ いのちってすごいなと思う五月が過ぎて 雨の恵みを受ける、六月に入ります。 【六月の木花】 十七日(月) 十九時半~二十一時 太極拳クラブ @美杉総合支所 ホー…

二〇一九年五月の木花

一日毎に温かくなって、ポットに蒔いた種も芽を出し 畑の草もぐんぐん伸びています。 今日は畑しごとだな、と目覚めに思う毎日です。 【五月の木花】 五月七日(火) 十三~十六時 一針ノ会 @cafe ナナクリ 好きなものを手縫いしています。 参加費 千五…

黄色いまんまる

春の休日、友人に誘われて 美杉町石名原のミツマタ群生地へ行きました。 ミツマタ、まんまる。 沈丁花に似た花と香りで 木漏れ日のなか、ぽんぽんと咲く、花が飛び交う。 花びらの形、濃い匂い、日の光。 黄色い三椏の花は、四の倍数で球体をつくるのだろう…

二〇一九年四月の木花

春、種を蒔く日々です。 皆さん、どんな種を、どんな土地に、蒔いているでしょうか。 公民館講座で始まった、美杉太極拳クラブ。 昨春から文化協会に所属して自主運営しています。 三月三日の芸能発表会で、入門太極拳を披露しました。 先生が貸してくれた衣…

坂本幸さんの野草料理教室 二〇一九

今年も野草の季節がやってきました。 坂本幸さんの野草料理教室を開催しますので ご興味のある方は、ぜひご参加ください。 日時 四月二十四日(水)九~十五時 場所 美杉町下之川 坂本幸さん宅にて 内容 野草を摘み、天ぷらや和え物にしてお昼に頂きます。 …

シュークリーム

おやつ屋のトクちゃんに シュークリームの作り方を教わりました。 好きなものを作っていいよと言われていたので 大好物のシュークリームをリクエストしたのですが、 シュークリームは、上級者向けなのですね。 普段お菓子を作っていそうもない手つきのわたし…

nuna パンツ

美杉の友だちに、誕生日の贈り物。 自家製の美味しい野菜や、ごはんをご馳走になったり 我が家の長老犬ハルに獣肉をもらったりする、お礼に リネンウールの生地でパンツを作りました。 自分の手で作ったものが、誰かの生活の一部となり 温もりや優しさ、喜び…

二〇一九年三月の木花

先日、アメリカとフランスの方たちと わら細工の一輪挿しを作りました。 師匠も居てくれるからと暢気に構えていたら 作り方をすっかり忘れていて、行きつ戻りつでしたが 楽しいひと時でした。ありがとう。 毎月集まる「わらのわ」の仲間は今、四人。 わら細…

二〇一九年二月の木花

一月の半ば、近所の峯田麹店さんが 醤油用の麹を届けてくださいました。 塩と水と麹を合わせて、秋まで毎日かき混ぜます。 初めての醤油造り ちゃんと醤油になるといいなぁ 昨日は、畑の大豆で味噌を仕込みました。 大豆も今までなかなか量が取れなかったの…

二〇一九年一月の木花

新年おめでとうございます。 ひんやりとした空気のなか 夕陽を受けて煌めきながら飛翔する つがいのトンビを見ました。 以前にいつも飛んでいた、つがいでしょうか。 秋か、冬の入り口から いつも一羽で パートナーを求めて鳴いている様だったので ずっと心…

冬支度

日中、まだ暖かくて外にいられる日に 生垣の剪定や、大豆と稲の脱穀をして 家周りに積み上げてきた荷物を ひとつずつ、片付け始めた。 荷物は増えてく。 どうしてこんなにあるんだろうと思うくらい 本と布と、いただきものと食べもの、あとは何? もう少しシ…

「THE LAST GIRL」

今月十日、「戦争及び紛争下において、武器としての 性暴力を根絶するために尽力したこと」により ノーベル平和賞を受けたナディア・ムラドさんと ジャーナリストのジェナ・クラジェスキさんの共著。 九日付の朝日新聞に掲載された記事を読んで イラクとコン…

「知らなかった、ぼくらの戦争」

アメリカの詩人、アーサー・ビナードさんが 文化放送の番組のために採録した戦争体験談をまとめた本。 歴史の定説の、中身を丁寧にみていくと ちょっと疑問に思うような事実に出くわすことがあります。 その事実を積み重ねてみると、物語の芯に 定説とは別の…

十二月の木花

朝晩冷えるようになりました。 畑の落花生やサツマイモは掘り上げて 空いたところに蒔いたソラマメやえんどう、 麦の芽も出てきて ほっと一息。 大根の葉っぱがぐんぐん大きくなってきて 見ているだけで、幸せです。 里芋は、掘りたてが柔らかくておいしいの…

「ケルトの白馬」

イギリス児童文学に多くの作品を残した ローズマリー・サトクリフ。 彼女は二歳のころの病気がもとで 生涯車椅子の生活を送ったそうですが ケルト神話、ギリシア神話、 古代ローマとブリテンの歴史などを背景に 人々の暮らしも運命も戦いも まるで見てきたか…

「獣の奏者」

この夏、上橋菜穂子さんの本を だーっと、読みました。 「精霊の守り人」から始まる守り人シリーズ。 この世界に重なるもう一つ別の世界 その世界の変化が、この世界にも変化をもたらすという そういう世界の有様が、物語の背景にある。 そういうことは実際…

十一月の木花

パソコンがようやく直りました。 よかったな、便利だな、と思いますし 無くても何とかなるな、とも思いました。 先週腰を痛めて、更に痛め直して、安静にしているところ。 重いものを持ったり、急に腰をかがめたり 長い時間座ったりは難しいのですが 動ける…

十月の木花

【十月の木花】 七日 十一~十五時 はなうたマーケット @雑穀菜食レストラン はなうた 杉の下駄・手縫いもの (七・八日は、うさと展) 九日 十~十四時 美杉むらのわ市場 @旧竹原小学校脇広場 手縫いもの・うずまきコースター作り・杉の下駄 ありがとうござ…

九月の木花

先日の台風でパソコンが動かなくなり、 更新もままならなくなりました。 【九月の木花】 九日 十~十四時 美杉むらのわ市場 @ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場 (三重県津市美杉町下之川2820-2) 手縫いもの・うずまきコースター作り・杉の下駄 二十六…

リネンの布草履

美里町にあるリネンの服のお店、cradleさんの依頼で リネン地の端切れを使った布草履をつくりました。 生地が良いので、作るのも履くのも心地良く 使いにくい形の端切れたちも、きちんと整えてあげれば こんな風に、生まれ変わって使えるようになるんだなと …

ヤギと整体

お盆から、ヤギの龍之介の尿が出辛くなって 座り込むようになってしまい 獣医さんに診てもらったら 恐らく腎臓か膀胱に結石ができているのだろうと。 このまま、ぽたぽたとも出なくなったら 尿毒症などになって、死んでしまうと言われ、 (牛用の)結石を溶…