木花

コノハナ

「獣の奏者」

この夏、上橋菜穂子さんの本を

だーっと、読みました。

 

精霊の守り人」から始まる守り人シリーズ

この世界に重なるもう一つ別の世界

その世界の変化が、この世界にも変化をもたらすという

そういう世界の有様が、物語の背景にある。

そういうことは実際あるかもしれない、と思いながら

読んでいると、架空の世界の、架空の話であるのに

自分もいつか知っていたはずの世界であるかのように

感じられるのが不思議でした。

 

ファンタジーはあまり読んでこなかったのですが

こんな風に自分の世界と重ね合わせられるとなると

俄然おもしろくなってしまいました。

 

本は、自分自身のなかにあるスクリーンに

情景を思い浮かべる余地があります。

読み手が思い浮かべた情景は、書き手が描いた世界とは

少し違うかもしれない。

だから、本のなかの物語は

読み手が完成させる、唯一無二の話である

と言えると思う。

そこが好きです。

だから、どこかに、いまの自分と重なる部分が無いと

読み進められない、という気もします。

 

 

獣の奏者(Ⅰ~Ⅳ・外伝)」

闘蛇編と王獣編を、夢中になって、読みました。

この本に、一番、惹かれた。

 

「狐笛のかなた」も、とてもよかった。

装丁もタイトル文字も素的です。

 

すごいですね。

ひとりの人の頭の中から、これだけのテーマ

物語が生まれてくるというのは。

 

そうしてここから

上橋さんが好きだと言う、サトクリフの作品へ

読み進めたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十一月の木花

パソコンがようやく直りました。

よかったな、便利だな、と思いますし

無くても何とかなるな、とも思いました。

 

先週腰を痛めて、更に痛め直して、安静にしているところ。

重いものを持ったり、急に腰をかがめたり

長い時間座ったりは難しいのですが

動けるだけ、動く方がよいそうなので

散歩したり、畑に行ったり、眠ったり

そろりそろりと平行移動の生活。

できないことが多い日々は、でも

普段見過ごしていることに気づける日々でもあるような

土用らしい、毎日です。

腰は、治れば以前より強くなるとのことで

その点はほっとしています。

 

 

【十一月の木花】

 

九日(金) 十~十四時

美杉むらのわ市場 @旧竹原小学校脇広場

手縫いもの・下駄

 

二十五日(日) 十時四十分~十五時三十分

ちどりの里十五周年感謝祭 @JR名松線伊勢竹原駅前

わら細工の師匠、森谷さんが主宰している

農産物販売所「ちどりの里」十五周年のお祭りです。

下駄

※わらのわ(わら細工体験)も出店します。

 わらの丸座蒲団・しめ縄作り体験・米俵展示

 

ぜひ、お越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十月の木花

【十月の木花】

 

七日 十一~十五時
はなうたマーケット @雑穀菜食レストラン はなうた
杉の下駄・手縫いもの
(七・八日は、うさと展)



九日 十~十四時
美杉むらのわ市場 @旧竹原小学校脇広場
手縫いもの・うずまきコースター作り・杉の下駄

 

ありがとうございます。 

九月の木花

先日の台風でパソコンが動かなくなり、

更新もままならなくなりました。

 

 

【九月の木花】

 

九日 十~十四時 

美杉むらのわ市場 @ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場

三重県津市美杉町下之川2820-2)

手縫いもの・うずまきコースター作り・杉の下駄

 

二十六日 十三~一六時半ころ

一針ノ会 @cafe ナナクリ

ちくちく、好きなものを手縫いしましょ。

参加費・千五百円(お茶付)

 

二十八日 十~十四時

東別院てづくり朝市真宗大谷派名古屋別院(東別院)境内

名古屋市中区橘2-8-55) 

手縫いもの・杉の下駄

※美杉むらのわ市場の仲間と、門前で出店します。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

リネンの布草履

 

f:id:saybe:20180831144148j:plain

 

美里町にあるリネンの服のお店、cradleさんの依頼で

リネン地の端切れを使った布草履をつくりました。

生地が良いので、作るのも履くのも心地良く

使いにくい形の端切れたちも、きちんと整えてあげれば

こんな風に、生まれ変わって使えるようになるんだなと

嬉しい発見でした。

 

いつも、頂いたお話しを一生懸命解いていくと

新しい道が開けてくるのが、面白いなぁと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤギと整体

お盆から、ヤギの龍之介の尿が出辛くなって

座り込むようになってしまい

獣医さんに診てもらったら

恐らく腎臓か膀胱に結石ができているのだろうと。

このまま、ぽたぽたとも出なくなったら

尿毒症などになって、死んでしまうと言われ、

(牛用の)結石を溶かす薬をもらって

解熱鎮静剤と、炎症を抑える抗生物質の注射もして

様子をみることにしたのですが

何をどうしたら回復するのか判らなくて悩みました。

 

そんなとき、天の庭に届け物をしに行ったら

丁度、整体教室の最中で

身体がボロボロだけどどうしたのと言われ

カクカクシカジカでりゅうが死んでしまいそうで

自分も咳が出て、夜中横になって眠れないのだと話したら

ヤギも暑さで腎臓が参っているんじゃないかと

誰かが言ってくれたのでした。

 

あぁ、そうか、膀胱の親は腎であった。

腎臓を守って膀胱に症状が出ているのかもしれない。

家に帰って、りゅうに手をかざしてみたら

全体熱っぽい中に、ぼゎっと熱気の吹き出しているところがある。

翌日、獣医さんに

ヤギの腎臓と肝臓と膀胱がどこにあるか訊くと

その、ぼゎっと噴出しているところだったので、

腎臓が弱っているかもしれないですと伝えたら

腎臓に効く抗生物質を処方してくれたのです。

それを与えた翌日、熱気が少し、収まりました。

その翌日、また熱気が収まって、殆ど感じなくなり

熱も下がってきました。

それから暫くして、結石が溶けてきて

一昨日の朝、二週間振りに尿道が開通したのでした。

 

りゅうちゃん、一命をとりとめる。

 

りゅうの、強靭な胃腸と、整体仲間の閃きと

獣医さんのサポートで、立ち上がることができたのです。

感謝しかありません。

 

わたしは、りゅうのお腹に手をかざしながら

動物の整体師になりたい、と思いました。

今でも、そう思います。

その為には、先ず人間の整体をしっかり学ばなくては

いけないだろうのだろうけれど、いつか

言葉を交わすことのできない動物たちの体調を

僅かでも、手と目で診ることができたらいいなと

思いました。

 

わたしの咳の方も、

横になると咳が出るなら

リクライニングベッドの様に座って眠るといいよ、

眠れれば体力が戻るから、と教えてもらい

数日間、座って眠るようにしたら

ようやく眠ることができ、咳も収まってきました。

 

整体すごいな、身体ってすごいなと思った夏でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八月の木花

 

今は土用。

じたばたと動くよりも

先のことを見据えて じっくりと思索するとき。

先月、むらのわいちばの事務局代表を降りて

一出店者となり、少し空いた手のひらに

また新しいものが流れ落ちてくるのを感じています。

今まではすくう余裕のなかった色々も

ひとつひとつ、実現できたらいいなと思って

起こってくることを、眺めてみています。

衣、機織り、写真、本作り

自分の手のなかで形作れるものが好きです。

喜びをもととして、ゆっくりと歩んでいきたいです。

 

ameblo.jp

 

 

【八月の木花】

 九日 十~十四時 

美杉むらのわ市場 @ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場

三重県津市美杉町下之川2820-2)

手縫いもの・うずまきコースター作り・杉の下駄

※新しい花緒が仕上がってきました。

 素足に下駄が、心地よい季節です。

 

 二十八日  十~十四時

東別院てづくり朝市 真宗大谷派名古屋別院(東別院)境内

名古屋市中区橘2-8-55) 

手縫いもの・杉の下駄

※美杉むらのわ市場の仲間と、門前で出店を予定しています。